読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社コパイロツト COPILOT Inc. のブログ

Good Team Building & Project Management を掲げプロジェクトファシリテーションを行う会社です。ちなみに株式会社コパイロツト(ツが大きい)とかいてコパイロットと読みます。

コパイロツト大学:「クリエイティブコモンズについて改めて学ぶ会」を開催しました

突然ですが皆さん、このマークを見たことがありますか?

CC-BYのマーク

そう、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)の一つCC-BY(シーシーバイ)です。何をいまさら?すいません。え、知ってるとは言えない?わかります、その気持ち。

実際のところ、このマークを見たことがあったり、何なのかをぼんやり知っている人はいても、定義をきちんと説明できて、積極的に利用できる人となると、まだまだ多いとはいえないのではないかと思います。それはコパイロツト社内でも然り。

ということで去る12月26日、ゲストコメンテーターに黄櫨綜合法律事務所/Arts and Lawの弁護士、馬場貞幸先生を迎え、パイロツト大学「クリエイティブコモンズについて改めて学ぶ会」を開催してCCについての理解を深めました。今日はその内容をシェアしたいと思います!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

CCライセンスとはなんぞや

冒頭のCC-BYは、CCライセンスと言って、「著作権を保持したまま、作品を公開する作者が決めた条件を守れば、作品を自由に使って良い」と、作品を公開する作者が、分かりやすく意思表示をするためツール(マーク)になります。

※ちなみに、クリエイティブ・コモンズ(CC)とは、CCライセンスを提供している組織あるいはプロジェクトの名前です。

CCライセンスを利用することで、著作者自身がつけた条件のもとで著作権を保護しつつ、著作物の再配布やリミックスを可能にするのです。

例えば、ある作品に対してCC-BYを利用すれば、原作者のクレジット(氏名・作品タイトルなど)を表示すれば、改変も、営利目的の二次利用もしてよいですよ!と宣言したことになります。

CC-BYを含めて、CCライセンスは全部で6種類あります。営利目的の使用を制限したり、作品の改変を禁止したり…とかたちはさまざまです。これらのマークを著作物につけることによって、「こういうやり方で使ってね」著作者があらかじめ用途を指定できるんですね。

All Rights Reserved(マルシーマークで守られているもの)に比べ、Some Rights Reservedを可能にして、著作物の二次利用(リミックス)を促進しているわけです。確かに、これ権利どうなってるんだろう…?と思いながら使うより、制限的でも「使ってもいいよ」と明確になっていたら積極的に利用しやすいですよね。

CCライセンスの活用事例

CCライセンスを採用しているサービスは結構身近にあります。

なんかは、サイト上のテキストがCC-BY-SAライセンスのもとで利用可能とされていますし、

なんかも、作品をアップロードする際に、「All Rights Reserved」か、「CCライセンス」を利用するかを選択できるような仕組みを採用しています。

CCライセンスは世界を変えるのか?

会の当日は、コパイロツトでCCライセンスの導入を検討した事例の紹介なども交えつつ、馬場先生・参加者全員で活発な質疑応答とディスカッションが行われました。

会の様子

馬場先生からは最後に、「今のCCの枠組みは契約でも作れる既存のルールを、分かりやすいかたちで整理したところに意義がある、また、"CCを使っている"という自体が自分のポリシーを示すという意味がある」 **というコメントも。

なるほど、CCライセンスの付与の効果のほかに、利用していること自体がオープン・フリー・シェアを旨とするCCの理念に賛同する人であると示す意味があるということですね。

じゃあ例えば、世界中の人がCCライセンスを当然のように知っていて、それが常識…そんな世の中になったら、世界はどうなるのか?

以下は筆者の私見ですが、結果だけを見れば、Some Rights Reservedで二次利用できる作品が増える、というだけで、それ自体が特別革新的な何かではないのかもしれません。

しかしその普及の過程で、著作物の利用の考え方は明らかに変わっているはずです。その先に新しいライセンス・著作権の考え方や、著作物の利用の形そしてそのさらに先に、まだ見ぬ全く新しい作品が生まれる…ことも、あり得るのではないでしょうか。

(おわり)


パイロツト大学とは?

パイロツト大学とは、パイロツトメンバーが興味のある様々なトピックを取り上げ、研究する会です。

メイン目的はメンバーの相互の学びを深め、物事を見るための視点を広げることにありますが、社外メンバーも自由に参加できるオープンな場として開催し、パイロツトってどんな会社だ?と思っている社外の方々に対する発信と交流の機会としても機能させています。

現在コパイロツトは絶賛採用中なので、 パイロツトってどんな会社かなーと思っている方も積極的にご参加ください!


採用やってます。

以下の方々を募集しています。

この記事を書いた人

高津宏明/プロジェクトプランナー

パイロツトではナレッジマネジメント・Webディレクション・プロジェクトマネジメントなど諸々やってます。