プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについて
コパイロツトが日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア

KJ法

広義のKJ法(実践編)~取材学~

コパイロツト社内で、KJ法(実践編)の勉強会を行いました。この記事では、狭義KJ法を行うために必要なラベルを集める重要な作業である「取材学」を学んだワークの様子を詳しくご紹介します。

ナレッジ・マネジメントにも参考になるKJ法の考え方ー日常の記録がナレッジ・マネジメントの基本

KJ法とナレッジ・マネジメントの関係について考察しました。日常的な業務をなるべく詳細に記録しておくことが、ナレッジマネジメントを進めていく上での基本的な動作として必要なのではないでしょうか。

(広義の)KJ法の全体像

川喜田二郎が提案する「広義のKJ法」の全体像とは。グループで行う「広義のKJ法」について一通り説明し、データをどのように集約して「発想」していくべきかをご紹介します。

KJ法の哲学とは?~全ての問題解決にKJ法が必要なワケ~

文化人類学者であった川喜田二郎はなぜKJ法にたどり着いたのか、考察しました。KJ法には、問題解決において、 あるいは情報の扱い方において非常に重要な考え方がちりばめられています。

TOP