プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについて
コパイロツトが日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア

「定例ミーティング」の進め方を、具体的にシミュレーションしてみませんか?

みなさんは、いつも定例ミーティングをどのように進めていますか? 

司会進行やファシリテーション役がうまくできない、アジェンダをどのレベルで用意すればいいのかわからないなど、そもそも「理想的な進め方」のイメージがしにくい方が多いのではないかと思います。

そこで今回は、ミーティングを進めていく様子が具体的にイメージできるよう、私たちが実際のミーティングでよく行っているやりとりを記事にしてみました。

私たちも日常業務で活用しているクラウドサービス「SuperGoodMeetings」を利用したものです。ご覧いただき、よろしければ参考にしてみてください。

STEP1:前日までにメンバーは何を準備すればいい?

まずは、定例ミーティング数日前〜前日までの流れから。ミーティングに参加するメンバー各自がどのような準備をしているのか、見ていきましょう。

POINT

  • 参加メンバー各自が、定例ミーティングで話したいアジェンダを事前に入力する
  • 前日に、ファシリテーターが各メンバーにリマインド
  • ミーティング開始前に、アジェンダの内容を確認しておく

▼詳しい流れを見る

note.com

STEP2:ミーティングの冒頭10分で何をする?

次に、一回一回の定例ミーティングをスムーズに行うために、冒頭10分でやっておいた方がいいことをご紹介します。

POINT

  • メンバー全員の役割を決める
  • 直近のタスクについて、進捗確認をする
  • マイルストーンを見直し、必要に応じて更新する
  • アジェンダを整理し、話す順番や時間などを決める

▼詳しい流れを見る

note.com

STEP3:ディスカッションはどのように進めればいい?

そのミーティングで話すアジェンダが整理できたら、一つひとつのディスカッションを進めていきます。議論の進め方、ファシリテーションの手法はさまざまありますが、ここではディスカッション開始時、終了時に確認するポイントに絞ってお伝えします。

POINT

  • 開始時に「どんな状態になればディスカッションを完了できるか」を全員ですり合わせる
  • 終了時は必ず、議論の結果と次のアクションを明確にしておく

▼詳しい流れを見る

note.com

STEP4:ミーティングの締めはどうする?

最後に、定例ミーティングを終えるときに行っていることをご紹介します。メンバー各自が次の行動に移れるよう、確認すべきことをきちんと抑えておくことが大切です。

POINT

  • 議事録の内容・認識に齟齬がないかを全員で確認する
  • ディスカッションの結果、発生した変更点をマイルストーンに反映させる
  • 自らのタスクを各メンバーが宣言する
  • 次のミーティングのアジェンダを、わかっている範囲で確認する

▼詳しい流れを見る

note.com

基本の流れをおさえたうえで、トライ&エラーを

定例ミーティングについて、具体的な進め方をイメージしていただけたでしょうか? 今回ご紹介した内容は、あくまでも一例です。各ステップのポイントをしっかり抑えたうえで、ご自身のプロジェクトチームで試しながらベストな進め方を模索してみてください。

よりスムーズな定例ミーティングの運用をサポートするため、コパイロツトではミーティング活用クラウドサービス「SuperGoodMeetings」を開発・提供しています。定例ミーティングの進め方、ファシリテーションの仕方などに課題を感じている方は、一度お試しください。

supergoodmeetings.com

コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

  • COPILOT
  • SuperGoodMeeting
  • Project Sprint
TOP