プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについて
コパイロツトが日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア

2020年、そばに控える副操縦士として、便利な「道具」をお渡しするエキスパートとして

あけましておめでとうございます。

2020年、わたしたちコパイロツトは、みなさまのプロジェクトの副操縦士として伴走しながら、ナレッジマネジメントの導入支援や、会議をサポートするサービス「SuperGoodMeetings」の改善・普及に取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年は

2019年は、これまで蓄積してきたプロジェクトマネジメントの知見を、みなさまに見えるかたちにしようと試みた一年となりました。

テクノロジーやインターネットの発展により、わたしたちを取り巻く環境は変化し、トライアル・アンド・エラーを繰り返して物事を進めていくことが増えました。プロジェクトの成否は、その変化の兆しをいかにキャッチアップできるか、そして、それを具体的なタスクに落とし込み、確実に実行、検証していけるか、にかかっています。

その解決策のひとつとして、わたしたちはこれまでの知見を言語化し、いくつかのカンファレンスなどでもご紹介したように「ProjectSprint」として体系化しました。さらに、プロジェクトを動かすために日常的に用いている会議メソッドを「SuperGoodMeetings」としてクラウドサービス化してもいます。

そして、2020年

わたしたちはメソッドを磨き上げ、より使いやすい「道具」として、みなさまにお渡しできればと考えています。

現場で利用し、改善し続けているプロジェクトマネジメントの手法をわたしたちだけで使うのではなく、広く共有し、みなさまにも活用していただくことで、社会に複雑な問題を解決するための土壌をつくるお手伝いができたらと思っています。

もちろん、いままでと同じく、身近な副操縦士としてみなさまをサポートし、ナレッジマネジメント活用のお手伝いもしてまいります。が、今後はそれにプラスして「道具」づくり、すなわち「SuperGoodMeetings」の一層のブラッシュアップ(近日中にオープンβ版リリースの予定)や、「ProjectSprint」の考え方をメソッド化したサービスの提供にも精力的に取り組んでまいります。

そばに控える副操縦士として、便利な「道具」をお渡しするエキスパートとして、今年もコパイロツトをよろしくお願いいたします。

株式会社コパイロツト

あけましておめでとうございます。

TOP