プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについて
コパイロツトが日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア

ふりかえり

プロジェクトの成功にコミットし続けるには?プロジェクトマネジメント(PM)に必要不可欠な2つのポイント

私たちがプロジェクトサクセスにコミットし続ける、ために必要不可欠としているポイント2つを紹介していきます。

リモートワークにおけるファシリテーションの方法論を公開します!

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの働き方を大きく変えようとしています。 空間を共にしながら働くという前提は崩れ、離れた場所から仕事をしていくというスタイルが新たな前提となりつつあります。 この前提の変化は、短期的には「オンラインでミー…

「思考」を生むための「問い」。「問い」を生むための「思考」。

「美しい答えを得られるのは、いつも美しい質問のできる人である」 アメリカの詩人E・E・カミングスが語ったこの言葉に代表されるように、「問い」の重要性は多くの人によって指摘されてきました。 アインシュタインも、「ある問題を解決に1時間を与えられた…

プロジェクトや組織の状況を定期的にスナップショットする意義

今回は、コパイロツトで重視している「スナップショットをとる」ということについてお話したいと思います。 コパイロツトでは、会議で「アジェンダ」を定義したり、組織で定期的にふりかえりを行うことを、プロジェクトや組織運営において不可欠の事項である…

あたりまえを疑う、批判的学習モデルでのふりかえり

前々回に紹介した経験学習モデルは、日々の業務の改善や学びの強化を促進します。 今回は、「批判的学習モデル」の俯瞰した視点からふりかえることについて考えてみたいと思います。 批判的学習モデルとは何か。 批判的学習モデルとは、”ふだん、無意識にと…

なぜ、コパイロツトのふりかえりはKPTベースなのか。

前回、経験学習モデルとふりかえりの関係についてまとめました。 今回はふりかえりをKPTベースにしている理由を話したいと思います。 ※ KPT+Aについては、先週のこの記事で基本的な進め方を紹介しています。 いろいろなふりかえり手法を試してみた。 実はふ…

今日から使える「マトリクスKPT+A」

ご挨拶 / イントロ 日替わりブログ木曜日担当の吉岡です。コパイロツト3年目の28歳で、普段はMITテクノロジーレビューを担当したり、クライアントワークもさせていただいております。ナレッジラボチームの中では現場担当です。 www.technologyreview.jp とい…

経験学習モデルと、ふりかえり

コパイロツトとふりかえり コパイロツトでは、「ふりかえり」という場を、さまざまなタイミングで設けています。 プロジェクトチームで週に1回実施したり、チーム単位で1ヶ月ごとに開催したりと、時間軸で区切ることもあります。 あるいは、プロジェクト終…

エドガー・シャイン「謙虚なコンサルティング」読書会

みなさま、こんばんわ。ナレッジマネジメントオフィスの吉岡です。 今回も前回に続きABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)がテーマです。 実は前回の「Management3.0」の前に「謙虚なコンサルティング」を題材にABD開催していたので、その報告をしたいと…

コパイロツトの取り組み紹介:良くする会議(2)「良くする話」

海外出張中の定金です。時差ボケで寝れないので1エントリー書いて寝ます。 前回書きましたコパイロツトの良くする会議のGPKOCについてですが、その中で以下のように紹介しました。 良くする話とは、日々の中で自分が気になるスキームをスライド1枚で2分で紹…

コパイロツトの取り組み紹介:良くする会議(1)「GPKOCの共有」

コパイロツトの定金です。社内の取り組みについてご紹介しようとおもいます。コパイロツトでは、毎週1回、「良くする会議」という名称の会議を行っています。今回はその会議のなかの大部分を占める「GPKOC(ジーピーケーオーシー)の共有」コーナーについて…

TOP