コパイロツトは、クライアントやパートナー会社の『copilot / 副操縦士』となって、
目的地にたどり着くまでの過程をトータルでサポートします。

あらためて、ナレッジとはなにか、ナレッジマネジメントとはなにか

以前の記事でも、ナレッジやナレッジマネジメントについていくつかの学説をベースに論じたが、本稿では、コパイロツトが考えるシンプルなナレッジ、ナレッジマネジメントの定義について紹介をしたい。 これは、学術的な議論で積み上げられるものが、学術的な…

ナレッジ・マネジメントの導入=業務プロセスを再定義するということ

ナレッジ・マネジメントに対して、「必要性はわかるが、それをわざわざやっている時間がない」という反応がなされることがあるが、ここから思うのは、ナレッジ・マネジメントというものが、業務とは別の特別なものとして考えられてしまっているのではないか…

育休をとってみての”ふりかえり”

はじめに コパイロツトにはクライアントワークを担うエンジンチーム、ナレッジマネジメントを担うナレッジラボチーム、バックオフィスを担うアドミンチームの3チームがあります。 今回エンジンチームの男性メンバーが育休を取得し、その振り返りをしましたの…

プロジェクトや組織の状況を定期的にスナップショットする意義

今回は、コパイロツトで重視している「スナップショットをとる」ということについてお話したいと思います。 コパイロツトでは、会議で「アジェンダ」を定義したり、組織で定期的にふりかえりを行うことを、プロジェクトや組織運営において不可欠の事項である…

広義のKJ法(実践編①)~取材学~

これまで、KJ法の哲学について長々と紹介してまいりました。意外に長くなってしまった、、 KJ法のデータに対するスタンス~客観とは何か?~ さて、本日はKJ法の実践編ということでコパイロツト社内で行った勉強会の様子をダイジェストにお届けしていきたい…

ナレッジ・マネジメントにも参考になるKJ法の考え方ー日常の記録がナレッジ・マネジメントの基本

以前のブログでKJ法と問題解決の関係についてお話をさせていただきましたが、今回は、KJ法とナレッジ・マネジメントの関係についてお話をさせていただきたいと思います。 KJ法はしばしば「発想法」や「アイデアのグルーピング」という捉え方をされますが、個…

(広義の)KJ法の全体像

前回の復習 前々回は川喜田二郎のW型問題解決モデルを紹介し、行為が須らく「判断」→「決断」→「実行」の順を踏んで行われることを紹介しました。 blog.copilot.jp 前回は中でも疎かにされがちである「判断」の部分を解決するべく生み出された、KJ法の哲学に…

永久の未完成これ完成である

宮沢賢治の言葉の中に、「永久の未完成これ完成である」という有名なものがある。 今から100年も前の時代にあって、どれだけ先見的な考え方を持っていたのだろうと思う。 我々はどうしても、何らかの創作物を不完全な状態で出すことに抵抗感を持ってしまうが…

コパイロツトがナレッジマネジメントに注力する理由【その3】

毎週金曜日担当の岡山県出身の定金です。 Good Team Building and Project Managementを掲げるコパイロツトが、なぜナレッジマネジメントにフォーカスしているのか?を紐解くエントリー第三弾。 過去のエントリーはこちら blog.copilot.jp blog.copilot.jp …

会議をスムーズにさせる「アジェンダシート」のすすめ(後編)

前回の続き 木曜日担当の吉岡です。最近わさび漬にハマっていて毎日食べています。 さて、前回はアジェンダシートの考え方や概要、項目について説明しました。今回は、実際に会議でどう使っているかについてご紹介します。 blog.copilot.jp 会議用アジェンダ…

とてもベーシックなナレッジマネジメントの方法論を開発しています。(1)

開発中のプロトタイプについて書いてみたいと思います。 今回は最初のプロトタイプをつくるまでのプロセスと、それがユーザーインタビューで「使えない」というレビューを受けるところまでを紹介します。 そう、最初のプロトタイプはあっさりと否定されてし…

「問い」を創造するためのナレッジ・マネジメント

WIRED日本語版の編集長をされていた若林恵さんの著書「さよなら未来」に、こんな一節がある。 完全無欠にして最終的な「正解」が未来にはある、と考えることこそ最も危険な未来論である、というのが最近のぼくのお気に入りの未来論だ。長い過渡期にあってす…

TOP