プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア

会議・ミーティングの運営を誰でも簡単に。クラウドツールSuperGoodMeetingsの有料ユーザー向けイベント(第3回)を開催しました

前回2024年1月の開催に引き続き、2024年3月8日(金)SuperGoodMeetingsを導入して積極的に活用してくださっている有料ユーザーのみなさまと、オンラインにてゆるく座談会のようなユーザーイベントを開催しました。

▼ SuperGoodMeetings とは?
会議・ミーティングの目的達成を支援するクラウドサービス。当社の熟練したプロジェクトマネージャーが日常的に行っているファシリテーション・会議術を、誰もが実践できるようにツール化。会議・ミーティングの運営を誰でも簡単に行えるようにすることで、業務やプロジェクトの推進を後押しします。

supergoodmeetings.com

SuperGoodMeetigsを活用しながら、プロジェクトを進める上で感じる課題感をそれぞれ共有し、自らの次のアクションを見つけていく

今回は、SuperGoodMeetingsに限らず、プロジェクト推進に関するさまざまな課題感等を伺いながらみなさんとディスカッションを行いました。

テーマ①:「プロジェクトメンバーと認識をすり合わせたりコミュニケーションを取るために何か取り組んでいることはありますか?」

コパイロツトで取り組んでいることとして、アクティブ・ブック・ダイアローグ(Active Book Dialogue)という1冊の本を分担し自分が担当になった部分を読み、まとめを作って内容を共有、対話を通じて本の内容の理解を深めるという、全員参加型の読書会を実施しています。本を活用しながら、共通言語を持ったり、互いの考え方を知るという相互理解を目的としてABDに取り組んでいます。

テーマ②:「プロジェクトマネージャーを育てるために何か取り組んでいることはありますか?」

コパイロツトでは、なるべくプロジェクトに慣れてもらうという意味合いで、積極的に短時間でもチームでミーティングを実施しています。例えば、クライアント様とのミーティングを終えたあと、30分程度のラップアップミーティングを開催しています。特に、プロジェクトに新しくメンバーが入った場合などは、会議中にわからなかった部分をすぐにメンバーに確認し、不明点を解消することをメインにラップアップミーティングを実施することもあります。

そのほかにも「リモートで業務するようになってから、1日の会議時間が多すぎて作業時間や休憩する時間を確保することさえも難しくなっている...」などの課題感まで、今回はじめましての人同士でもそれぞれが聞いてみたいテーマや課題感を持ち寄りながら全員で議論し合うことができ、とても有意義な時間を持つことができました。

ユーザーのみなさまと継続的に交流・情報交換する場を用意

SuperGoodMeetings 開発チームでは、今後もユーザーのみなさまと一緒に、よりよい会議・ミーティングの実施、よりよい形でのプロジェクト推進を目指していきたいと考えています。
定期的に今回のような有料ユーザー向けイベントを開催していく他、イベント参加者を対象としたオンラインコミュニティも立ち上げました。

👉 次回開催は5月10日(金)19:00〜21:00です!皆様のご参加お待ちしております!
https://supergoodmeetingsuserevent04.peatix.com/

コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

  • COPILOT
  • SuperGoodMeeting
  • Project Sprint
TOP